優秀なエンジニアになるためには?技術者に求められる能力とは?

技術者は担当技術に対する専門能力が問われる

優秀なエンジニアになろうと思った場合、どんな能力を身に付けたらいいかについてはいろいろな意見があるでしょう。しかし、どんな見方をしても共通して挙げられる必要な能力とは、担当している技術分野に関する専門的な知識とノウハウだということではないでしょうか。技術者の人間性がどんなに良くても、技術力がなければ優秀な技術者になることは難しいでしょう。そういった意味で技術者は専門職であり、職人であるという面を捨ててはいけないのかもしれません。

技術者は別の職能の仕事の理解も必要

一方で、技術者は技術の面だけでプロフェッショナルであればいいのかというとそうでもありません。単なる知識の深さだけがウリということであれば研究者になった方がいいでしょう。技術者に最も期待されている仕事は、新しい製品を生み出すことです。そのためには、作りやすさの観点から製造工程についても詳しくなければならないでしょうし、品質の標準化という点から市場品質に関する知識も必要かもしれません。優秀な技術者は技術に関する能力が秀でているだけでなく、他の職能の仕事についてもよく知っていることが求められるでしょう。

技術者は消費者を理解し利益を上げる経営能力も必要

技術者が生み出した新製品はその会社の屋台骨を支えているといっても過言ではありません。どんな優秀な製造技術があっても、どんな優秀な営業がいても、製品がダメであればその会社が生き残っていくことは難しいでしょう。そういった点から考えると技術者自身が消費者を理解し売れる製品を開発したり、製品開発のコストを低減させ最大の売り上げを上げる製品を作るという視点が必要になってくるはずです。優秀なエンジニアは経営者のセンスを持つことも求められるということでしょう。

ネットワークエンジニアはネットワークインフラの設計、構築、管理運用を行う情報処理技術者です。コンピュータネットワークを構成するシステムや機器についての幅広い知識を要求されます。