現代ではこんな状況!工場で働く期間工の仕事

期間工の仕事にはもはや季節性はない

工場で軽作業を行う期間工の仕事はもともとは雪の多い地域の農家が冬に出稼ぎをする先として提供されていたものでした。現在でもそういったニーズはあるものの、むしろ企業側が安価に大量生産が可能なシステムとして重宝するようになっており、冬に限らず年間を通して工場を稼働させるようになりました。そのため、現代では冬期に限らず期間工としてのバイトの求人が見られるようになり、必要なときに誰もが働ける状況になっています。

低賃金で働く外国人労働者の流入

安価に大量生産が可能であるシステムを動かせるようになった企業にとって、さらに低コスト化を図るためには労働力に対する費用を下げることが最も単純で効果のあるものです。しかし、単調な作業を繰り返す工場の軽作業は負担も大きいことから迂闊に相場を下げてバイトが減ってしまうと痛手になります。そのため、もともと低賃金で働いてくれる外国人労働者が注目されるようになり、業界によっては大勢の外国人労働者を雇って工場のバイトを担ってもらうようになりました。

日本人の手によるものであるという意識

外国人労働者をバイトとして採用することによって低コスト化に成功する一方で、消費者の声として純粋な日本製ということを期待する風潮が強まりました。その影響を受けて企業側でも外国人労働者の採用にブレーキをかけて再び日本人のバイトを雇う傾向が強くなってきています。匠の業を持つことを国民性として誇りに思っている日本人が多いことから、日本人が作ったというだけで消費者に安心を与えることができるというメリットがあり、企業側としてはそれをとるようになってきているのです。

住み込みの求人のメリットは、住まいを探さなくて良いということです。これは、住まいを探す労力や時間、お金を費やさないで済みます。