気を付けよう!飲食店のアルバイトで働く際の心構え

衛生面に気を付けた立ち振る舞い

アルバイトで働く際に気を付けたいのは、自分も立派な従業員の一人であると言う意識です。正社員であろうがアルバイトであろうが、従業員であることは変わりなく、雇用形態によって許されること、許されないことが分かれると言ったことはありません。例えば、飲食店で働く際には、食品を取り扱う職場ですから、衛生面に気を付けましょう。具体例としては、何か箸やストローなどをテーブルに落とした時に、それをそのままお客さんに提供するのは、自分では当たり前でも、お客さんによっては非常識だと捉えることもあります。

一言の大切さを意識する

飲食店でありがちなのが、提供時間の遅延です。何かミスがあって料理を提供する時間が遅れている場合に、お客さんから、まだ料理が来ていないと言う指摘を受けることがあり、厨房に確認に行く、と言うことはよくあるでしょうが、問題なのはその後の対応です。ここで料理を普通にお客さんに出したのでは、「謝罪の一言もないのか」と、不快感を露にする人もいます。「お待たせして、大変申し訳ありませんでした」と一言でも謝罪の言葉があれば、印象はまったく違ってくるものです。

質問に想像で答えない

お客さんから何か質問があった場合には、すぐに正確に答えることができる状態が望ましいですが、万が一自分が把握できていないことを質問された場合には「少々お待ちください」と言い、すぐに確認をすることが大切です。「わかりません」の一言で済ませるのは問題外ですが、調べるのが面倒だったり、すぐに答えられないと申し訳ないと考えて、自分の想像で答えてしまうことも避けるべきです。もしこれが間違っていたことが後でわかった場合、いい加減な対応をされたと感じて印象が悪くなります。

不景気が底を脱し、景気回復の兆しが見え始めていることから、製造業を中心に業績が回復するとともに求人も増えています。そのため、工場の求人は増加傾向にあります。