保育士って大変な仕事なの?いえいえ、こんなメリットもあるんです

比較的、ゆとりのある勤務時間

保育士と聞くと、重労働の割りに時給も安く、かなり大変な仕事だとイメージが湧きますよね。でも実は保育士になるメリットってたくさんあるんです!まず、パートとして働きやすいということです。例えばスーパーのレジ打ちなどといったパートですと、土日勤務や、祝日出勤といったこともありますよね。しかし、保育士の場合は、土日祝日はお休み、夜は確実に家に帰れるので、日中子供が学校に行っている間の隙間時間を使って上手に働くことができるんです。

資格があれば、どこでも働ける!

保育士の強みといえば、有資格者ということでしょう。資格があれば、引越しで新しい土地に行ったとしても、仕事は見つかります。しかも保育士は人手不足で悩んでいるところが多いので、求人もかなり高く、容易に就職先が見つかるんです。結婚を機に、妊娠、出産、子供の子育てに、親の介護など、女性の人生には、様々なことが起こります。そんなとき資格があれば、一時中断していた仕事でも、いつでも復帰することができるんです。

やりがいのある仕事、それが保育士

みなさん、やはり保育士のメリットといえば、子供の成長をじかに感じ、共に成長していけることではないでしょうか。子供が好きといった方にはまさに天職といえるでしょう。保育士の仕事はただ子供と遊んでいればいいというわけではなく、ルールを守らせること、友達と仲良くすること、協力しあうこと、など子供が社会生活を営む上で大切なことを教える必要がある、とても責任の重い仕事なんです。これらをやり遂げたとき、大きな達成感を得られるのではないでしょうか。

保育士の求人は数多く見受けられます。もしも保育園での求人を探すなら、民営や公営など、経営スタイルを把握しながら、希望の労働形態かどうかを確認することが大切です。