介護する側される側の上手なコミュニケーションの取り方!

食事の香りがいい刺激をうむ

食事の時間は介護している相手のコミュニケーションを深める最大のチャンスといえます。年配の人は食事にまつわるさまざまな思い出を持っていますので、食事をきっかけにしてその人の人生を知ることもでき介護をする人間にとって勉強になる話がきけるいい機会になるでしょう。施設でも在宅でも、調理場や台所からいい香りが漂ってくるとその香りがとくに認知症患者さんにはいい刺激になります。その時に、いい香りですねとかこの香りはなんでしょうね等のコニュニケーションを取ることで介護を受けている側も自分で何かを考えたり食事への期待感を高めてくれるでしょう。

フレーズは短く禁止や否定はなるべく使わない

介護を受けている人への声掛けで注意したいのが一つ一つのフレーズを短くすることです。食事の時の声掛けに限らず、だけどやかもしれないから等といった長い言葉やまわりくどくなる言い回しをすると理解してもらえないこともあるので、ですね、しましょうというように短く声をかけるようにしましょう。また、禁止や否定の言葉もなるべく避けて、他の人の食べ物にさわってはダメというのではなく、なぜ、他の人の食べ物に手を付けるのかを考えるように心がけることが大事でしょう。

食事の楽しさを五感で訴える

介護する側にとって理解できない行動をしたとしても、そこには何かしらの理由があるかもしれません。まずはそれを考えて自分が介護される立場ならどうかということを常に思いやりましょう。また、介護を受ける側にとって、食事はなによりも楽しみな時間です。そのため、食事の用意ができたら、食事の時間という事実だけを伝えるのではなく、今日は美味しそうですねなど、食事の楽しさを五感に訴えかけるようにしてあげましょう。それにより、介護を受けている人も食べる意欲がわいてくるものです。

介護といえば、人のお世話をすることであり、これからの高齢化社会には、ますます求められてくる存在です。そんな介護の派遣の仕事をする際には、介護専門求人サイトがおすすめです。特化して、情報が探せます。