人気の職業、保育士になるための3つの方法!

保育士養成学校に通いましょう

専門学校や短期大学、あるいは大学で「保育士養成課程」がある学校に入学します。2年から4年勉強して、卒業と同時に保育士資格が取得できます。その間には、保育実習があり、保育園で実際に子供たちのお世話をしたり一緒に遊んだりして、実施訓練を行います。また、音楽の授業では、ピアノをはじめとする楽器も習うことができます。就職が学校が紹介してくれることが多いので、特に自分で調べたりする必要はなく、カリキュラムを終えることで、保育士として活躍できますよ。

保育士試験に合格しましょう

保育士試験は、専門学校や短期大学、大学を卒業した方であればだれでも受験できます。年に1回の試験に合格することで、保育士資格を取得することができます。ただし、これは非常に難関で、合格率は10%程度なんです。しかし、実習はなく(代わりに実技試験があります)、ピアノが弾けなくても合格することができますし、たった1年で資格を取得することが可能なんです。さらに、必要な経費は最低教科書代と受験費用のみですから、お金をかけずに取得したい、短期で取得したい方にはぴったりですね。

特例制度を利用しましょう

指定の大学で必要な単位を取得すれば、保育士試験の科目免除が可能です。全科目を大学で単位取得すれば、出願するだけで、資格が取得できるということです。大学は、通常の大学生とは異なり、単位のみを取る制度なので入学試験はありません。また、必要な単位数の分だけ授業料を払えばOK。通学する必要はありますが、試験のような一発勝負ではないので、苦手な科目は単位を取って、得意な科目は試験を受ける、というように併用することも可能ですよ。

保育士の求人ならば、あらゆる応募先を載せている求人サイトが有効です。所在地やシフトなどが明記されていますので、参考になります。